ペーパーレスの時代

2019/06/10 ブログ
タイトル

おはようございます!

『文字のチカラは、あなたのチカラに』

オフィスリバーインです。

 

早速ですが、『ペーパーレス』という言葉をご存知でしょうか?

簡単に言うと、会社の資料などを紙ではなくデータにしてタブレットやPCなど、デジタル化することです。

新聞や小説など、紙媒体が主流ではあったものの、今や電子書籍も普及してきました。重さがなく、いつでもどこでも自由に見れるというメリットがあります。

会議の資料をデジタル化することで、デスク周りの混乱を避けたり、紙の処分の軽減できるなど、他にも特徴があります。

 

メリットがあれば逆にデメリットも、もちろんあります。

例えば、年代によってはデジタルについていけないこともありますよね。タブレットやPC、スマホなど機械が苦手な人だってもちろんいます。そういう方にとっては、やっぱり画面で見るより紙で印字してあるものの方が良いと思います。

 

タイトル2

オフィスリバーインでは、紙媒体の制作が多いので、実は『ペーパーレス』とは縁がないと思っていましたが、例えばこれから会報誌やフリーペーパーの案件が全てデジタルになったらどうなってしまうのだろうと考えます。

確かにデジタル化されれば、根本的に印刷費は抑えられます。でも、やっぱり情報は紙で、という方はいつの時代もいらっしゃるのではないかと思います。

会報誌だってフリーペーパーだって、『誌』『ペーパー』と紙に関するフレーズなので、本来の意味や価値を大事にしたいものですね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!