実は重要!? クレジットの序列とは……(中篇)

2020/02/28 ブログ
title

おはようございます!

『文字のチカラは、あなたのチカラに。』のキャッチコピーでおなじみ、愛知県西尾市で広告制作をしているオフィスリバーインです。

 

今回のブログは、前回の続きになりますが、業界特有の知識「クレジットの序列」についてご紹介していきます。本当は前後篇に分けるつもりでしたが、分量が多くなりそうなので、今日は中篇にして、次回後篇として完結しようと思います。

 

【目次】

1.友情出演と特別出演の違いは?

2.主な事例を見てみよう

 

詳細は下記をご覧ください。

 

 

1.友情出演と特別出演の違いは?

title2

ドラマや映画、舞台を見ていると、よく「友情出演」「特別出演」という表記を見かけます。皆さんはこの違いを考えたことはあるでしょうか?

 

友情出演……主演や監督が仲の良い俳優さんに出演をしてもらう、もしくは俳優さん側から自ら出演をオファーするときに表記されるものです。この場合、出演料(ギャラ)が少し安いもしくはノーギャラということもあるようです。

また、別の作品からのクロスオーバーという意味合いも込めて、作品に箔をつけるために「友情出演」と表記されることもあります。

 

特別出演……物語の中で重要な役割を担う役を演じたり、芸歴の長いベテラン俳優さんがワンシーンなど少しの出番で圧倒的な存在感を見せるとき、またテレビドラマに原作者本人が出演するときに「特別出演」という表記が使われます。

毎回出演するレギュラーキャストで「特別出演」がつくのは、前回話したように、キャストの中で最後に出る「トメ」でも問題ないぐらいベテランの方が、トメ以外の位置で扱いを良くするために、「特別出演」をつけることで俳優さんに了承してもらうケースもあるようです。

 

10年近く前に放送されたテレビドラマ「ホテリア」という作品は、韓国ドラマを日本版にリメイクしたもので、同作品には韓国版で主演を務めたペ・ヨンジュンが出演。この時は、何と名前の後に「特別友情出演」という表記がされていました。これは本来特別出演だけではあるものの、韓国版の主演を務めたという実績から友情出演と合体してつけられたものだと思います。

 

NHKでは、「特別出演」も「友情出演」も使われない代わりに、スクロールの場合は線を、スライドのように一人ずつ名前が表示されるタイプの場合は名前を出す前後に空白の時間を設けるといった手法を用いて、特別感を出します。

 

ちなみに特別出演について、女優・淡島千景さんは以下のように述べています。


自分の劇団を持っている人―文学座の杉村春子先生、民藝の滝沢修先生、宇野重吉先生等―が特別に出るんで『特別出演』っていったんだけど、それがだんだん乱れてきて、どうしても出したい人が、名前のことでうるさいとなると、「『特別』にしますから」っていうことが増えた。『友情出演』は『特別』まではいかないけど、本人とちっとも仲良くないのに『友情出演』するのは大笑いですよ。気休めなんですよ。同じような年代で『特別出演』だとおかしいでしょ、だから『友情』にするんです。この世界は「あいつより俺が上だ」とか、そう思う人ばかりなんですよ。— 淡島千景、「淡島千景 女優というプリズム」青弓社、2009年、284頁


 

 

2.主な事例を見てみよう

titile3

前回はクレジットの基本用語と事例を説明しましたが、今回はちょっとステップアップして「特別出演」や「友情出演」の重要性を見ていきたいと思います。

 

【渡る世間は鬼ばかり 第1シリーズ 第1話】

藤岡琢也/山岡久乃/長山藍子/前田吟/(連名・略)/泉ピン子/角野卓造/佐藤英夫/沢田雅美/東てる美/赤木春恵/(連名・略)/中田喜子/三田村邦彦/(連名・略)/野村真美/藤田朋子/森光子(特別出演)

ご存じ国民的ホームドラマの記念すべき第1回目。キャストの顔ぶれから分かる通り、渡鬼の第1回目のオープニングは家族構成順になっていました。

その中で、5人姉妹の伯母を演じた森光子が特別出演付きのトメです。トメに(特別出演)がつくと、偉大さを感じますね。

第3シリーズまでは、森光子が出演するときは特別出演表記つきのトメでした。第4シリーズでは連名と連名を挟んだ中単独、第3シリーズの総集編を含めた第4シリーズの第1話と第5シリーズ以降はトメ前に配置されています。

 

【特上カバチ! 最終話】

櫻井翔→→→→堀北真希→→→→遠藤憲一→→→渡辺いっけい→→→田丸麻紀→→→(連名・略)→→→(ゲスト)坂口憲二→→→(連名・略)→→→→竜雷太(特別出演)→→→●→→→大野智(友情出演)→→→●→→→浅野ゆう子(特別出演)→→→→(連名・略)→→→→高橋克実→→→→中村雅俊

このドラマのポイントは、レギュラーでありながらも、(特別出演)が表記されている浅野ゆう子です。トレンディ女優が、ドラマの中で本の数シーンしか出ないながらも物語に深くかかわる女性弁護士ということで、(特別出演)がついた中トメの位置にいます。

友情出演がついている大野智は、やはり主人公が櫻井翔ということもあり、嵐繋がりで(友情出演)という表記が用いられています。櫻井翔の父親役を演じた竜雷太は最終回だけのゲスト出演ですが、キャリアとしては確かなので(特別出演)が使われています。

こうしてみると、(特別出演)と(友情出演)の違いが分かると思います。

 

【野ブタをプロデュース 第1話】

亀梨和也・山下智久(特別出演)→→→→堀北真希→→→戸田恵梨香→→(連名・略)→→→宇梶剛士→→→忌野清志郎→→→(連名・略)→→→高橋克実→→→夏木マリ

思いがけず、Wトップのうち山下智久に(特別出演)がついています。W主演やトップ2番手に(特別出演)がつくのは、珍しいことです。W主演であり、ジャニーズの先輩を出したということで、特別感を出したのだと思われます。

 

簡単な説明だけになりますが、「民王」というドラマでは、トメグループが金田明夫→→→→草刈正雄(特別出演)→→→→西田敏行だったのですが、西田の出番がないときは、(特別出演)表記がされていない状態で草刈正雄がトメとなっています。

トメ不在の時に、特別出演をつけずにそのままトメに収まるということは、草刈正雄と西田敏行の序列を曖昧にしていることがうかがえます。

 

今回は、特別出演と友情出演についてお話しました。おそらく番外編を作ることになりそうなので、残り2回「クレジットの序列」について紹介していきます。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!