オンラインの善し悪し!~愛知県でライター業務・広告制作を行うオフィスリバーインのブログ~

2020/09/11 ブログ
title

おはようございます!

『文字のチカラは、あなたのチカラに。』のキャッチコピーでおなじみ、愛知県西尾市で広告制作をしているオフィスリバーインです。

 

新型コロナウイルス感染症の影響により、非対面型ビジネスモデルの構築が積極的に行われるようになってきました。中でも、「Zoom」などオンラインを活用したビジネスモデルが著しく増えてきました。弊社でも「作文教室」をオンライン化にも対応できるようにしました。

しかし使い勝手が良い反面、問題点もあるのが『オンライン』というものです。今日のブログでは「オンラインの善し悪し」について、お話していきます。

 

【目次】

1.全国津々浦々、場所を問わずにできる!

2.環境が悪いと、もはや地獄絵図!

 

詳細は、下記をご覧ください。

 

 

1.全国津々浦々、場所を問わずにできる!

title2

レッスンや会議、打ち合わせなど、様々なことに活用できるのがオンラインの良いところです。実際オンラインを導入して一番実感したのは、場所を問わずにできることです。

会議などでどこかに移動する時間が短縮できることは、仕事の効率化にも繋がります。オンライン会議の準備さえしておけば、後は場所を問わずに参加することができます。

 

もちろん直接その場所で顔を合わせることも重要です。ですがこのご時世、対面を避ける方も増えてきているのも事実です。電話とは違い、オンラインツールを用いれば画面越しでも相手の顔を見ることもできます。ジェスチャーや説明などのコミュニケーションも、取りやすくなると思います。

 

画面共有やデータの送受信で、会議資料などを一斉に共有することで、建設的な意見を交わすことができるので、対面型の会議と同等のことがオンラインでも可能になるということです。

 

 

2.環境が悪いと、もはや地獄絵図!

titile3

場所を問わずにできる反面、その場所の通信環境や、そもそもスマホやパソコンの動作環境が悪いと、スムーズなことも上手くいかなくなってしまうのがオンラインの最大のデメリットだと思います。

電波が悪い状態で電話をしているときと同じように、ブチブチと雑音がひどくて相手の声が上手く聞こえなかったり、画面がフリーズして相手の顔がすごいことになってしまうことも、よくあるケースです。

 

また静かな場所なら問題ないですが、外や人が多くいるところから参加していると、マイクが周囲の音を拾ってしまい、他の参加者が耳障りになってしまうパターンもあります。

大事な会議の雰囲気が壊れてしまったり、重要な話がちゃんと相手に伝わらなくなってしまうなど、状態が悪いことが重なれば重なるほど、地獄絵図となってしまうでしょう。

 

 

便利なツールは、もちろん上手に使いこなせることができれば問題ないと思います。ですが便利なものにはデメリットがあるというのがつきものです。環境さえちゃんと整えておけば、オンラインはとても利便性に富んだものになることは間違いないでしょう。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!