怪しいサイトには御用心ください!~愛知県でライター業務・広告制作を行うオフィスリバーインのブログ~

2020/10/16 ブログ
title

おはようございます!
『文字のチカラは、あなたのチカラに。』のキャッチコピーでおなじみ、愛知県西尾市で広告制作をしているオフィスリバーインです。
 
一昨日10月14日、自民党の長島昭久衆院議員らが、緊急経済対策として定額給付金10万円にさらに追加で5万円支給することなどを求める要望書を菅首相に提出しました。
気を付けなければいけないのは、ここではまだ「要望書」を出したにすぎません。ですが既にこの5万円給付という情報を利用した怪しいサイトがうごめいているようなのです。
 
【目次】
1.5万円給付は事実? 特設サイトの存在
2.盗まれる個人情報? ポイントは「SSL」
 
詳細は、下記をご覧ください。

 


1.5万円給付は事実? 特設サイトの存在

title2

5万円給付という情報を上手く利用して、既に暗躍している犯罪組織があると思われる情報が、先日総務省のトップページに注意喚起のお知らせが掲載されておりました。
そこには、下記のように記されています。


特別定額給付金の給付を騙ったメールに対する注意喚起

 

 10月15日(木)の早朝頃から、総務省を騙るメールアドレス(info_atmark_soumu.go.jp)から、「二回目特別定額給付金の特設サイトを開設しました。」といった旨及び偽の特設サイトに誘導するリンクが含まれたメールが送信されているとの情報が寄せられております。
(メールの誤送付防止のため、「@」を「_atmark_」と表示しております。)

 

 当該メール及びサイトは、総務省も含め、行政機関によるものではなく、情報の詐取などを目的としたものと思われますので、決してリンクにアクセスせず、当該メールを削除してください。

 

 また、特別定額給付金について、政府からメールなどでお知らせをすることはありませんので、上記以外のメールアドレスから、総務省や行政機関を名乗ったメールが届いたとしても、情報の詐取などを目的としたものと考えられますので、御注意ください。


ここに書いてあるように、特別定額給付金について、政府からメールなどでお知らせをすることは、まずありえないことです。人の心を利用して、巧妙な特設サイトを作ってまで詐欺を働こうなんて……ホームページなど広告制作を行う者として、虚偽の情報を流す広告ほど許せないことはありません。

 


2.盗まれる個人情報? ポイントは「SSL」

titile3

上記のような怪しいサイトの狙いは、銀行口座の番号や暗証番号、クレジットカード情報などの個人情報です。
通販サイトなどで買い物をされた方は分かると思いますが、名前や住所などの個人情報を入力するページが出てきます。もし通販サイトを利用されている方、初歩的なことですが、よく確認してほしいことがあります。

 

それは「SSL」の存在です。
「SSL」というのは、Secure Sockets Layerの略で、送受信しているデータを暗号化する通信手順です。つまり、通販でお店とのやり取りをする中での情報を暗号化するということです。例えばパスワードを入力するとき、入力したら表記が「●●●●」と、黒丸になることがあると思います。あれこそが、「SSL」ができている証拠です。

 

このSSLができていないサイトは、パスワードなどを入力しても黒丸にはなりません。そういうサイトは、SSLができていないため個人情報の流出のリスクが高くなります。もしくは、そもそも個人情報を流出させるための怪しいサイトの可能性もあります。

 

また、ホームページのURLが、「http」となっているところはホームページ開設時期が大分昔のものでない限り、今はよほど見なくなりました。近年のサイトは、個人情報の取り扱いに対してとても厳しくなりましたので、URLのトップが「https」となっているのがほとんどです。

 


ネット社会となった今、個人情報の流出のリスクは大きくなりました。その分、個人情報の取り扱いが厳しくなってきています。でもその隙間を狙って、個人情報を盗む輩がいるという事実で、個人情報流出に関連する犯罪も起きております。

 

上手い話には必ず裏があり、情報を鵜呑みにせず怪しいサイトをうっかり開いて、騙されたと思って相手の言う通りには従わないように気を付けましょう。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!